勉強に集中できる塾を探そう【指導塾の見つけ方】

しっかり学べる

塾は学校のように数十人以上の人が通う場所となっていますが、学校と違うのはみんなが同じペースで授業を進めるというわけではありません。合同の場合はそのようなことがありますが、個別指導であれば自分のペースで学んでいくことができます。

塾と家庭教師の違い

上記にも挙げたように学校のように何人かの仲間がおり、切磋琢磨しあいながら勉強していくことができます。合同か個別指導か塾によって異なります。

家庭教師

家庭教師は講師が自宅に来て勉強を教えてもらうことができます。塾に通うよりも少し料金が高くなってしまいますが、完全マンツーマンで教えてもらうことが可能です。

勉強に集中できる塾を探そう【指導塾の見つけ方】

先生と生徒

カリキュラムをチェック

入塾を決める前に、まずは塾で取り組まれているカリキュラムをチェックしておくことが大切です。細かい内容を確認せずに入塾し、実際に通ったら合わなかった、思ったのと違ったということで挫折してしまう子どもも少なくありません。ですから、細かい部分までしっかりと確認をした上で入塾を決めるようにしましょう。

費用面だけで選ばない

「費用が高ければ質の高い授業をしてくれて子どもの成績も大幅に上がる」と思っている人も少なくないでしょう。ですが、それは間違いです。安ければ質が悪い、高ければ質が高いというわけではありません。教える講師によって左右されるため、費用面だけで判断をしないようにしましょう。ですが、長く通わせる場合は費用面も大切になってくるので、通わせる塾の費用も確認しておくと良いです。

ネットから情報を集める

船橋や半田など様々な地域で塾を探す場合、インターネットを活用しましょう。インターネットであれば全国各地の塾情報を調べることができ、また口コミも確認をすることができます。実際に通ったことがある人の口コミは参考にすることができるため、口コミ情報にも目を通しておくと良いでしょう。

入塾までの流れ

お問い合わせ&面談

資料請求や面談の問い合わせを行ない、都合の良い日に塾へ足を運びます。その際、担当の方と面談をして質問などがあればその際に確認しておくようにしましょう。

体験授業&面談

体験授業を設けている塾では、その後に再度面談を行なう流れになっています。その際の様子をうかがったり、意見を聞いたりして話を進めていきます。すぐに契約をする必要はないので自宅に帰ってから子どもと話し合いましょう。

契約&入塾

子どもに合った塾であれば契約をし、それから入塾という流れになります。細かい内容は契約の際に聞くことができるので、納得いくまでしっかりと確認しておくようにしましょう。

広告募集中